さとりての使い方

satorite.exe、すなわち「さとりて」の使い方を簡単に説明しましょう。

  sspを解凍したフォルダ/ghost/kaseijin/ghost/master/

を開いて下さい。そこにsatorite.exeがあります。かせいじんのおやこを起動した状態でこれを立ち上げましょう。

ここにトークを書いてみます。

先頭の*はつけないことに注意して下さい。送信(S)を押すと、

と、「かせいじんのおやこ」にトークが送信されます。これでデバッグが楽になることでしょう。

なお、下の制御文字\が入っているトークは実際にベースウェア(SSP)に送られている文字列を表します。ウェイトなどが適時挿入されていることが分かるでしょう。

また、クリップボード監視にチェックを入れると、クリップボードの内容が直接反映され、便利です。

 

「さとりて」satorite.exeは、ひとつの独立したアプリケーションであり、どのフォルダに置いて起動してもかまいません。また作成中のゴーストだけでなく、起動中のどのゴーストにもセリフを送って見ることができます。さとりては配布ファイルには含まないので、どこか都合のいいフォルダに置いておくとよいでしょう。